ミカの不妊治療記録

妻20代後半、夫30代前半の二人三脚で始めた不妊治療。夫は重度の乏精子症のため、顕微受精にチャレンジ中。

【移植周期】移植後 BT1〜 ヘパリン注射について

f:id:mblog47665:20190914093525j:image

 

こんにちは。

判定日までそわそわ気にしながら過ごしています。。

初めての移植なので、期待しすぎてダメだったときに必要以上に落ち込むのが怖く、期待しすぎないようにしていますが、少しでも体に症状や変化があると一喜一憂してしまいます😭💦気のせいだとわかっていても。。(笑)

 

さて、今日は新たに始まったヘパリン注射についてまとめたいと思います。

正式名称は、ヘパリンカルシウム皮下注5千単位/0.2mLシリンジ「モチダ」です。

f:id:mblog47665:20190914094026j:image

シリンジの中に薬剤が詰まっており、針を装着して自己注射します。

私は0.1ml(2500単位)を注射することになりました。針やシリンジは再利用できないので、毎回シリンジの空気抜きをする時に0.1ml出して捨てています😭💦一本に2回分入ってるのにもったいない〜。もともと0.1mlのがあればいいのに。笑

1日2回、朝晩に注射します。時間は忘れないように決めて打つといいとのことでしたが、多少時間がずれても問題ないとのこと。

私はだいたい朝の9時、夜の9時に注射しています。

針は26Gのものを処方されました。筋肉注射に比べたら針も細くて短く感じました(笑)

 

💉ヘパリンの内出血問題💉

ヘパリンは皮下注射のため、おなか、おしり、太もも等の脂肪のついたところに注射します。

自分からも見やすいのでおなかに注射をしてみましたが、翌日また打つ時に見ると打った場所に大きなアザが。。😭😭

場所はおへそから10センチくらい離れた下腹部でした。

看護師さんから内出血しやすいから注射後揉まないようにね、と言われていましたが、揉まずとも内出血してしまいました💦

ヘパリンの自己注射マニュアルというものを一緒にもらったので再度見てみると、

f:id:mblog47665:20190914100920j:image

この図によると、腹部に関しては脇腹?のあたりでも良い事が判明。(最初からちゃんと読まない私が悪い笑)

 

あざになった部分も、一応この図には当てはまった場所だったんだけど。

f:id:mblog47665:20190914102213j:image

青く丸つけた部分に注射したときは、大きくあざになってしまいました。(わかりにくくてすみません)

また、このあたりに注射をした時は痛みが強い場所があったり、針を刺した穴から血が出てくることもありました。

それから脇腹のあたりのお肉をつまんで注射してみたところ、多少の注射痕は残りますが内出血が広がることはあまりありませんでした!

場所は、上の図で言う「腹部」って文字があるあたりかなぁ。大体。

痛みもそんなにない部分が多い気がします。

1日2回打つので左右交互にやってますが、なぜか左側の方が内出血しづらいです。なんでだろう?(笑)

打つところがなくなってきたら、おしりに打とうかなぁ。やりづらいけど、一応自分でもできるし。。🙄🤔🤔

ちなみに太ももにはやったことないけど、なんだか痛そうなので試してません🤣🤣

 

採卵周期以来の自己注射の日々ですが、試行錯誤しながらなんとか頑張っています🤣

大変だけど、こんな日々もいつか笑い話にできる日が来ますように。。🙏🙏

 

【移植周期】D19 BT0 移植当日

f:id:mblog47665:20190912200004j:image

 

こんにちは。

移植当日の記録を残しておきます。

 

当日は、13:30に来院予約。感染予防のためシャワーを済ませて、食事、内服も済ませてから来るように指示されました。

持ち物は、ペットボトルの水500mlを2本。コンタクトはメガネに変えてきてとのことでした。

 

13:15頃 クリニック到着、受付。

お水を飲みはじめるタイミングは看護師さんが指示してくれるとのことなので、待合室で待機。

 

14:15頃 処置室に呼ばれ、薬、注射などの説明。

移植日は会計はなく、移植の費用や薬代含めて判定日にまとめて行うそうです。なので、移植が済んだらすぐ帰れる!

説明が終わって薬を一式うけとり、そのままお尻にホルモンの注射💉を打ってもらいました。

移植の順番は1番だから、このあとすぐおしっこ貯めるために持ってきてるお水飲み始めるように指示。

 

14:30頃 リカバリールームへ移動。

オペ着に着替えて準備をして、がんばって水を飲む。看護師さんがお菓子をくれたので、もぐもぐ食べながら水をひたすら飲む。。

 

14:45頃 移植開始、1番のため呼ばれる。(思ってたより早くて焦った💦)

水たくさん飲んだけど、飲んだばかりで、全然おしっこ溜まってる感じしないけど大丈夫なのかなぁと思いつつ内診台に上がる。

生年月日、名前を確認し、エコーのためにお腹をぐーっと押されて、先生が一言、、

👩‍⚕️ おしっこ溜まってなくて見えづらいから、足して下さい。

生理食塩水を足されちゃいました😭😭😭これが地味に辛かった。笑

水が入ってきて膀胱も辛くなってきて、漏れそうなのをひたすら我慢するのでいっぱいいっぱいに😭

その後、受精卵を戻していただき、エコーの映像で白くなっているこれが受精卵ですからね、と見せていただきました。

終わった直後は卵が戻ってきた嬉しさより、終わったことに対する喜びの方が強かったです。

膀胱がパンパンだったため、カテーテルを抜く前に少し水も抜いてもらってからリカバリールームへ戻りました💦💦笑

リカバリールームに戻ったら、15分程度安静にしてから、着替えて帰宅です。

15:00頃にはリカバリールームに戻ってきてたかな。

尿ためがしっかり出来てればもっと早かったんだろうけど、、水を飲むように指示されてから移植までが早すぎて難しかったです🤣

 

帰りは主人がクリニックまで車で迎えにきてくれました。

私の通うクリニックでは、かなり安静度は高め。移植の帰りは、家族の迎えで車か、タクシーを推奨されます。また帰宅後、移植当日はシャワーもお風呂もダメ。

帰宅後は安静にし、胚盤胞移植の人は3日間、初期胚移植の人は1週間(着床するまで)は、食事、トイレ、シャワー以外は安静を推奨しています。

移植後の過ごし方に関しては、クリニックや先生によって様々な見解があるようですが、ひとまず私は出来る限り先生の指示に従って、安静にすることにしました。

 

また、移植後からお薬が増えました。

💊移植後〜判定日まで💊

プロギノーバ

ユベラ

バイアスピリン 

ルトラール

ラエンネック錠

ATP腸溶錠

ダクチル

ブリカニール

マグミット

 

その他に、朝晩2回、判定日まで毎日💉ヘパリン注射💉を0.1ml自己注射することになりました。血液の循環を良くする為とのこと。

移植後に注射があるのはなんとなく知っていたので驚きませんでしたが、大量の注射セットを渡されるとやはり少し憂鬱に。。笑

 

クリニックからの帰り道、小腹が空いたので、主人とマクドナルドに寄ってテイクアウト🍟

移植日にマックのポテトを食べると良いとかいうジンクスをネットで見かけたので、ちょうど小腹も空いてるし食べることに🤣🤣かなり有名なジンクスみたいですね。ぜひあやかりたい🙏笑

あと、ワタリガニのパスタ🍝も良いとか!これはなかなか気軽には出来なかったので私は食べられてませんが💦

気休めでも、そういった行動を起こす事で前向きになれるといいですよね😊

久しぶりに食べたマックのポテトはめちゃくちゃ美味しかったです🤣💓笑

 

帰宅後は、ひたすら横になってました。

Amazonのプライムビデオでお笑いやドラマを見たり、のんびり過ごしました。ほぼほぼ寝たきりでした(笑)

 

こうしてはじめての移植が終わりました。

判定日まで、長い。。🙄🙄💦

【移植周期】D1〜 移植日決定まで

f:id:mblog47665:20190908145505j:image

 

こんばんは!!

朝晩涼しくなってきて、嬉しい今日このごろです😊💓(夏が嫌いなもので。。笑)

 

さて、今月はいよいよ待ちに待った移植周期。

凍結している胚盤胞を移植します。薬の内服をしてホルモン補充を行い、D14に内膜測定をして、厚くなっていれば移植日決定!という流れでした。

移植までに内服していた薬はこちら。(私の通うクリニックは薬が多いとのことで有名みたいです。笑)

 

🍍移植前周期🍍D11より

ソフィアA 

ブセレキュア点鼻薬 (1日4回、各1push)

 

🍑移植周期🍑D1〜D14まで

プロギノーバ(日によって錠数変動あり)

ユベラ

バイアスピリン 

ブセレキュア点鼻薬

 

D14に内膜測定に行きました。

👩‍⚕️ はい、ちゃんと厚くなってますね〜。移植日決めちゃいましょう!!

と、サクッと内診が終わりました。内膜の厚さが何ミリとか、特に言われなかったし自分からも聞かなかったけど、まぁ厚くなってるとのことなのでいいのかな。笑

この日を排卵日と仮定して、戻す胚盤胞が5日目のものなので、5日後が移植となりました。

点鼻薬はこの日の夕方で中止し、D15から飲む薬が増えました。

 

🍓移植周期🍓D15〜移植日まで

プロギノーバ

ユベラ

バイアスピリン 

ラエンネック錠

ATP腸用錠

ルトラール

 

このほか、継続して飲んでいるサプリ類も合わせて飲んでいました。エレビット、メラトニンサプリなど💊

薬の飲み忘れが無いように、前日の夜に、次の日1日分を朝、昼、晩、眠前で分けて袋に入れるようにしました。

 

事前にネットで調べて、使っている方が多かったエストラーナテープや膣座薬などがなく内服だけだったので、そこは楽でした。(テープは以前かゆくなってしまった経験あり🤣💦)

 

【採卵周期】凍結確認、採卵後の経過について

f:id:mblog47665:20190907213723j:image

 

こんにちは!

更新が遅すぎるにも関わらず、みにきていただきありがとうございます😭💓

 

これまで、過去を振り返って内容をまとめていましたが、実は今が移植周期となります。やっと追いつきました💦

この先はどうなるかわかりませんが、不安な気持ちなども含めて残していけたらと思います。ズボラな性格もあり(笑)また更新が滞ってしまうと思いますが、なんとか続けてみようと思ってます。

 

ひとまず、前回に続き、採卵周期の受精卵の凍結結果と、採卵のその後についてまとめます🐠

 

💋受精卵の凍結結果💋

さて、前回記事の採卵の結果、20個の採卵ができたわけですが、すべて凍結することになっていました。

主人の精液検査の結果からすべて顕微授精にしました、と培養士さんから聞いておりました。

培養を進めるにあたって、初期の胚を複数個先に凍結させ、残りは胚盤胞を目指して培養し凍結することになりました。

 

結果、採卵できた20個中17個が正常卵内15個が正常受精

それらを培養し、初期胚(2日目)を4個凍結、残りの11個で胚盤胞を目指し、胚盤胞は3個凍結という結果になりました。

 

20個採卵できたので、胚盤胞が5個くらいあると嬉しいなぁと過度な期待をしてしまいましたが😭💦、結果として7個の受精卵を凍結できました。

胚盤胞に到達できるのは目安として30%程度ですって培養士さんに言われていたので、初期胚凍結後残った11個中で3個というのはまさしくそれくらいなんだろうなぁと。

採卵数が多かったため子宮への負担が大きいのもあり、また複数の卵が凍結できたので、新鮮胚移植は実施せず、一度生理を待つことに。生理が来たら、移植前周期とし、その後移植という流れに決まりました。

 

💋採卵後の体調について💋

採卵で20個の卵がとれたわけですが、先生や看護師さんからは、なってしまう可能性のあるOHSSについて説明をしていただきました。

おしっこが出ず腹水が溜まったり、重篤な場合は血栓症を引き起こしてしまうそうです。

👩‍⚕️ 卵巣は少なからず腫れている状態だから、水分とってトイレも我慢せず行って、辛ければ無理せずにおとなしくしているように。

との指示でした。

もし尿量が明らかに減ったりした場合はすぐにクリニックへ連絡するようにとのこと。

5日後に経過確認で受診しましたが、とくに問題ないとのことで一安心!

採卵後2日間くらいは下腹部がずーんと重く、動くと痛みがありました。歩いたり座ったりするのはゆっくりと動き、する事がない時は横になるようにしていると楽でした。

私の場合は生理痛とはまた違った、お腹の中でつっぱるような痛みというか、、文字にするのは難しいですが(笑)動くと地味〜な痛みがやってくる感じでした。

休職しているからのんびり出来るものの、仕事しながらだと、そう何日も休めなかったりもするので、体力面でもきつかっただろうなぁと感じました😭

 

採卵が終わって、生理を見送ることになっていたので、丸一ヶ月はほぼお休み期間でした😊

移植前周期として、ソフィアAとブセレキュア点鼻薬をやったくらい。

採卵の時に比べ、通院頻度がぐっと減って気持ちの面でも楽に過ごせました。

遠方に住んでいる友達のところに泊まりに行ったり、実家の家族と会ったり、リフレッシュして過ごすことが出来ました💓

 

【採卵周期】採卵日 D13前日&D14当日、採卵結果

f:id:mblog47665:20190808202029j:image

こんばんは。

とっても時間があいてしまいました💦💦

 

お盆が過ぎましたが、暑い日が続いていますね💦

先日、寝室の掃除をしていたら(エアコンはオフ)、暑さのせいかだんだん気持ち悪くなってきてしまい、すぐにエアコンの効いたリビングへ移動しました。

エアコンのない室内での熱中症も多いと聞きますが、本当に短時間でも危ないですね😭💦身をもって実感しました。

 

さて、今日は、採卵日前日と、当日に実施したことをまとめます。

 

D13 採卵日前日

採卵までに排卵してしまわないように、ボルタレン座薬を18時と24時に指定されました。

大人になってから座薬をするのは初めてで、18時の初回の座薬タイムはとても手こずりました😭笑

座薬を取り扱う製薬会社のホームページに、座薬の入れ方が図解でのっていたので、それを参考にしました。笑

また、採卵に向けて卵子を成熟させるため、オビドレルという皮下注射を21時50分に指定され、自宅で自己注射しました。

f:id:mblog47665:20190821004457j:image

とっても見づらくてすみません💦

今までの注射と違い、薬剤がシリンジの中に詰められた状態のものでした。皮下注射のため針も細く短かったです。

おなかの脂肪をつまんで注射しましたが、刺した時のチクッと感が、おしりへの筋肉注射よりも痛かったです。。(筋肉注射の方が痛いって方のほうが多いと思うのですが😭笑)

慣れてないからですかね。🙏

また、翌日の採卵オペで麻酔を使うため、23時以降は絶食の指示。前日の夜までは23時以降も水のみOKでした。

 

D14 採卵日当日

当日は8時30分にクリニックへ。主人も仕事の休みが取れたので、一緒に車でいきました。(普段は電車で行っています)

我が家は男性不妊のため、万が一当日の精子が良くないと困るので、事前に一度精子凍結をしてもらっていました。当日主人が来れない場合はそれを使う予定でしたが、より新鮮な方が良いとのことで、休みをとってもらい同行の上、当日も採精してもらいました。

受付をして、私はそのままリカバリールームと呼ばれるベッドのあるお部屋に案内されました。

手術着に着替えて、痛み止めのボルタレン座薬をinしました💊この日はスムーズにinできました(笑)

当日は4人ほど採卵の人がいて、私は二番目でした。

オペの前に、点滴をつけて準備をして、肩に筋肉注射をしてもらいました。

その後、自分の番が来た時には歩いてオペ室へ行き、生年月日と名前を申告して、内診台のような手術台に乗りました。

私の通うクリニックは静脈麻酔を使用して採卵を行います。

麻酔をかけられてからは、若干の意識はあるものの痛みは全く感じず、いつのまにか終わってストレッチャーに乗せられていました。

その後リカバリールームへ再び戻り、40分程度眠っていました。ナースさんに起こされ、トイレに行くように指示されました。血尿が出てないことが確認できたらOKとのこと。問題なくトイレをすませ、着替えて待合室で旦那と合流しました。

そのあと処置室に呼ばれ、採卵の結果を聞きました。

私の採卵の結果は20個。見えていた卵胞からほとんど取れたようで安心しました。

主人の精子の所見はやはりあまり良くなかったようで、全て顕微授精に回しますとのこと。また、培養を進めて、初期胚の凍結と、残りは胚盤胞を目指して培養を実施しますとのことで説明を受けました。

私の通うクリニックでは、受精確認や凍結確認は1週間後の来院時に説明を受けることになっているので、電話確認などはありませんでした。

また、採卵数が多いためOHSSになる可能性が高く、新鮮胚移植は実施せず、一度子宮や卵巣を休ませるためにリセットしてから移植周期に入ることになりました。

 

ひとまず山場であった採卵を終えてホッとしました。

採卵自体は麻酔で痛くなかったものの、それまでの準備期間や卵巣刺激がやはり精神的には多少辛く感じました。

 

はじめての採卵周期がひとまず終わりました。

次回は、採卵後の経過についてと凍結結果についてまとめたいと思います。

 

【採卵周期】D4〜採卵日決定まで

f:id:mblog47665:20190804215323j:image

こんばんは。

今日は、採卵日決定までの経緯を書いていきます。

大した出来事はないんですが(笑)記録のため。

 

卵巣刺激のHMG注射は、通院がない日は自己注射、通院の日はそのままクリニックで打ってもらって帰っていました。

 

💬自己注射のコツを下記の記事にまとめていますので、良かったら見てください😊

【不妊治療】筋肉注射を自己注射!痛くないコツ - ミカの不妊治療記録

 

D3 クリニック通院、自己注射指導を受け注射開始

D4〜D6 自己注射

D7 クリニック通院。採血、内診で卵胞の成長具合を確認。順調に育っているとのことで、注射はそのまま継続。

D8〜D9 自己注射

D10 クリニック通院。卵胞が20個程度育っていて、経過は順調とのこと。注射は継続。

D11 自己注射

D12 クリニック通院。卵胞の状態から、2日後に採卵する事が決定!この日でHMG注射、ブセレキュア点鼻薬は終了。

D13 採卵前日

D14 採卵当日

 

最終的に、以上のスケジュールで進みました。

HMGテイゾーを連日注射していましたが、D3から最後まで450単位でした。

他の方のショート法での注射をブログ等で見ていると、450単位を連日、と言うのは多い方なのではないかと思ってます🙄(あまり詳しくないのでわからないのですが。。🤣)

こちらは素人なので、注射の量やスケジュールに関してはもちろん口出しせず、先生を信じて指示通りに進めました。(当然!笑)

 

D10くらいから、下腹部の張りというか違和感を感じるようになりました。ずーんと重い地味な痛みがあり、お腹に力が入ったり、立ったり座ったりする際にじわーっと痛みました。日常生活に支障をきたすことはほとんどありませんでした。

最後の方では、エコーで卵胞の状態を確認する際にモニターを見ると、ブドウのように卵胞がいくつも見えましたよ🍇笑

 

体外受精は採卵周期が通院も注射も多く大変だと言われますが、自己注射を取り入れたことで採卵当日までに4回の通院で済ませる事が出来ました。(それでも多いですけどね。笑)

 

今日もお読みいただきありがとうございました💃💓

次は採卵前日に行ったことと、採卵当日のことについて書きたいと思います🥚‼️

 

 

ミカ🍑

 

【不妊治療】筋肉注射を自己注射!痛くないコツ

f:id:mblog47665:20190731143607j:image

こんにちは!

自己注射(筋肉注射、皮下注射両方)を経験したので、自分なりに痛くないコツをいくつか掴みました。

皮下注射は比較的色々なページでやり方やコツや経験談が載っているのをみかけました。

ただ、不妊治療における、筋肉注射のコツが載っているページが少なかったのもあり、忘れないようにするためにも残しておきます💉

 

f:id:mblog47665:20190731162705j:image

私が注射していたのは、HMGテイゾーです。

 

💉注射箇所をしっかり冷やす💉

やっている方は多いと思いますが、薬剤を混ぜている間に保冷剤を使ってあらかじめ冷やしておきました。

冷やしすぎると凍傷等の可能性もあるので、冷やす加減には注意して下さいね。

最初に直接肌に保冷剤をつけると冷たすぎるので、私は薄手のタオルにくるんだものをおしりの注射箇所に当て、その間に薬剤を注射器につめたりしていました。

注射箇所が冷えたら、その後肌が冷たいのに慣れていることを確認し、さらに直接保冷剤を何秒か当ててました。

注射箇所がしっかり冷たくなっていればOKです。

冷やした方が皮膚が麻痺して痛みを感じにくいからか、私は断然冷やした方が良かったです。

 

💉左手で注射箇所を程よく掴む💉

左利きの方は右手に当たりますが、注射器を持たない方の手では、あまり強く掴まないようにした方が注射の痛みが少なかったです。

ただ、注射箇所の皮膚がピンと張っている状態の方が針がスッと刺さりやすいので、刺す場所の皮膚を伸ばす程度に掴むのが私は良かったです。

強く掴みすぎると、針は刺さりますが薬剤を注入する時が痛みました。

掴むのが弱い場合だと、針がスッと刺さらず痛かったです。(お肉に食い込んでしまう感じ。。贅肉がない方は違うかも💦笑)

 

💉刺す前に掛け声を!💉

私はこれ毎回やってました。(笑)

毎日やっていると慣れますが、やはり自分の体に注射針を刺すのは抵抗感がありますし、毎回嫌だなぁという気持ちはなくなりませんでした。

そこで、緊張していながらも、針を刺す瞬間はかならず、一旦深呼吸をして、

『せーのっ!』と声を出し、息を吐きながら思い切って刺すようにしていました。

声を出すだけですが、勢いがついてスッと針が刺さります。それまでうまく刺さらなかったり、途中で怖くなったりしたこともありましたが、掛け声を始めてから失敗しなくなりました。

掛け声は正直なんでもいいです。(笑)

えい!とか、いちにのさん!とか、言いやすいものでやってみてください🤣‼️

筋肉注射は、針の根元まで深く差し込まなければならないので、思い切ることがなにより大事だと思います!

 

💉薬剤は、ゆーっくり注入する💉

注射って、針が刺さる痛みももちろんなんですが、薬剤が入ってくるジワジワとした痛みもなかなか辛いですよね💦

自分で注射をしていると、刺している注射針を早く抜きたいから、注射器もグーっと早めに入れてしまうこともあると思います。

しかし、刺してしまった針は殆ど痛くないので、薬剤を注入する際にはとにかくゆっくりと入れることで、あのジワジワとした痛みが軽減されます。

ゆっくり行うことで、落ち着いて最後までしっかり薬剤を注入することが出来ますし、痛みも少ないのでおススメです。

 

💉注射箇所は最低5分は揉む💉

注射が終わったら、アルコール綿でおさえた後ばんそうこうを貼り、手のひら全体を使って注射箇所をしっかりと揉みます。

少し長いですが、私は毎回5分は揉んでいました。ベッドで横になりグリグリと揉みます。

しっかりと揉んでおくことで、注射箇所が後からジンジンと痛むこともほとんどありませんでした。

看護師さんから聞きましたが、筋肉注射の場合、揉みが足りないと、そこが筋肉痛のようになってしまい、硬くなって注射が出来なくなってしまったりするようです。不妊治療の場合は毎日注射をするので、注射できない場所が出来てしまうと困りますよね。

私は毎回これでもかというくらい揉んでいたので(笑)、硬くなってしまうことなく自己注射期間を終えることができました。

 

💉まとめ💉 筋肉注射も案外大丈夫!

本当にビビっていた自己注射(しかも筋肉注射)でしたが、コツを掴めば案外大丈夫だということが分かりました。

一度上手く行くと、何やら自信が湧いてきて何でも出来る気になりました😂今まで注射を打つなんて、看護師さんにやってもらう以外無かったので👩‍⚕️

もちろん無痛ではないですが、私はコツを掴んでからは看護師さんに打ってもらうより自分で打った方が痛く無かったです。(笑)

看護師さんは本当に手際が良いのと、躊躇がないので、思い切り刺してくれるし時間がかからないです。なので、薬剤を注入するのもめちゃくちゃ早いです。チューーッと入れてハイ、終わり。って感じであっという間に終わる。上記にもある通り、これが痛いんだと思うんですよ‼️

あと、クリニックではもちろん冷やしたりしませんしね。

この点から、自己注射の方が私は痛い思いをせずに出来ました!

あとは気の持ちようです。(笑)

最初は、クリニックへ通ってでもやってもらいたいと思っていましたが、どっちにしろ注射の痛みは一緒なんだったら、自分でやったほうが時間を無駄にせず過ごせるな、と、発想の転換をしました。

そう考えることが出来れば、自己注射って良いシステムだと思います。クリニックまで行くとなると交通費も時間も掛かりますし。家でやればものの10分程度で終了ですからね。

もちろん、どうしても怖いとか事情があって通う方もいらっしゃるでしょうけど。

結果的に、自己注射の方が痛くないということが分かって、私は気持ちの面でも楽になりました。

 

痛みは伴いますが、これも我が子に会うためだと思えば乗り越えられました😊🌻

もし、これから筋肉注射を自己注射する方の参考になれば嬉しいです。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました🌴🌼

 

 

ミカ🍑