ミカの不妊治療記録

妻20代後半、夫30代前半の二人三脚で始めた不妊治療。夫は重度の乏精子症のため、顕微受精にチャレンジ中。

【不妊治療】筋肉注射を自己注射!痛くないコツ

f:id:mblog47665:20190731143607j:image

こんにちは!

自己注射(筋肉注射、皮下注射両方)を経験したので、自分なりに痛くないコツをいくつか掴みました。

皮下注射は比較的色々なページでやり方やコツや経験談が載っているのをみかけました。

ただ、不妊治療における、筋肉注射のコツが載っているページが少なかったのもあり、忘れないようにするためにも残しておきます💉

 

f:id:mblog47665:20190731162705j:image

私が注射していたのは、HMGテイゾーです。

 

💉注射箇所をしっかり冷やす💉

やっている方は多いと思いますが、薬剤を混ぜている間に保冷剤を使ってあらかじめ冷やしておきました。

冷やしすぎると凍傷等の可能性もあるので、冷やす加減には注意して下さいね。

最初に直接肌に保冷剤をつけると冷たすぎるので、私は薄手のタオルにくるんだものをおしりの注射箇所に当て、その間に薬剤を注射器につめたりしていました。

注射箇所が冷えたら、その後肌が冷たいのに慣れていることを確認し、さらに直接保冷剤を何秒か当ててました。

注射箇所がしっかり冷たくなっていればOKです。

冷やした方が皮膚が麻痺して痛みを感じにくいからか、私は断然冷やした方が良かったです。

 

💉左手で注射箇所を程よく掴む💉

左利きの方は右手に当たりますが、注射器を持たない方の手では、あまり強く掴まないようにした方が注射の痛みが少なかったです。

ただ、注射箇所の皮膚がピンと張っている状態の方が針がスッと刺さりやすいので、刺す場所の皮膚を伸ばす程度に掴むのが私は良かったです。

強く掴みすぎると、針は刺さりますが薬剤を注入する時が痛みました。

掴むのが弱い場合だと、針がスッと刺さらず痛かったです。(お肉に食い込んでしまう感じ。。贅肉がない方は違うかも💦笑)

 

💉刺す前に掛け声を!💉

私はこれ毎回やってました。(笑)

毎日やっていると慣れますが、やはり自分の体に注射針を刺すのは抵抗感がありますし、毎回嫌だなぁという気持ちはなくなりませんでした。

そこで、緊張していながらも、針を刺す瞬間はかならず、一旦深呼吸をして、

『せーのっ!』と声を出し、息を吐きながら思い切って刺すようにしていました。

声を出すだけですが、勢いがついてスッと針が刺さります。それまでうまく刺さらなかったり、途中で怖くなったりしたこともありましたが、掛け声を始めてから失敗しなくなりました。

掛け声は正直なんでもいいです。(笑)

えい!とか、いちにのさん!とか、言いやすいものでやってみてください🤣‼️

筋肉注射は、針の根元まで深く差し込まなければならないので、思い切ることがなにより大事だと思います!

 

💉薬剤は、ゆーっくり注入する💉

注射って、針が刺さる痛みももちろんなんですが、薬剤が入ってくるジワジワとした痛みもなかなか辛いですよね💦

自分で注射をしていると、刺している注射針を早く抜きたいから、注射器もグーっと早めに入れてしまうこともあると思います。

しかし、刺してしまった針は殆ど痛くないので、薬剤を注入する際にはとにかくゆっくりと入れることで、あのジワジワとした痛みが軽減されます。

ゆっくり行うことで、落ち着いて最後までしっかり薬剤を注入することが出来ますし、痛みも少ないのでおススメです。

 

💉注射箇所は最低5分は揉む💉

注射が終わったら、アルコール綿でおさえた後ばんそうこうを貼り、手のひら全体を使って注射箇所をしっかりと揉みます。

少し長いですが、私は毎回5分は揉んでいました。ベッドで横になりグリグリと揉みます。

しっかりと揉んでおくことで、注射箇所が後からジンジンと痛むこともほとんどありませんでした。

看護師さんから聞きましたが、筋肉注射の場合、揉みが足りないと、そこが筋肉痛のようになってしまい、硬くなって注射が出来なくなってしまったりするようです。不妊治療の場合は毎日注射をするので、注射できない場所が出来てしまうと困りますよね。

私は毎回これでもかというくらい揉んでいたので(笑)、硬くなってしまうことなく自己注射期間を終えることができました。

 

💉まとめ💉 筋肉注射も案外大丈夫!

本当にビビっていた自己注射(しかも筋肉注射)でしたが、コツを掴めば案外大丈夫だということが分かりました。

一度上手く行くと、何やら自信が湧いてきて何でも出来る気になりました😂今まで注射を打つなんて、看護師さんにやってもらう以外無かったので👩‍⚕️

もちろん無痛ではないですが、私はコツを掴んでからは看護師さんに打ってもらうより自分で打った方が痛く無かったです。(笑)

看護師さんは本当に手際が良いのと、躊躇がないので、思い切り刺してくれるし時間がかからないです。なので、薬剤を注入するのもめちゃくちゃ早いです。チューーッと入れてハイ、終わり。って感じであっという間に終わる。上記にもある通り、これが痛いんだと思うんですよ‼️

あと、クリニックではもちろん冷やしたりしませんしね。

この点から、自己注射の方が私は痛い思いをせずに出来ました!

あとは気の持ちようです。(笑)

最初は、クリニックへ通ってでもやってもらいたいと思っていましたが、どっちにしろ注射の痛みは一緒なんだったら、自分でやったほうが時間を無駄にせず過ごせるな、と、発想の転換をしました。

そう考えることが出来れば、自己注射って良いシステムだと思います。クリニックまで行くとなると交通費も時間も掛かりますし。家でやればものの10分程度で終了ですからね。

もちろん、どうしても怖いとか事情があって通う方もいらっしゃるでしょうけど。

結果的に、自己注射の方が痛くないということが分かって、私は気持ちの面でも楽になりました。

 

痛みは伴いますが、これも我が子に会うためだと思えば乗り越えられました😊🌻

もし、これから筋肉注射を自己注射する方の参考になれば嬉しいです。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました🌴🌼

 

 

ミカ🍑