ミカの不妊治療記録

妻20代後半、夫30代前半の二人三脚で始めた不妊治療。夫は重度の乏精子症のため、顕微受精にチャレンジ中。

不妊治療と仕事について

f:id:mblog47665:20190719212331j:image

こんばんは。

今日は、体外受精にステップアップするにあたり、正社員の私が仕事をどうしたかを書いていこうと思います。

とーっても長くなってしまったので(笑)、興味のある方だけ、どうぞ🤣‼️

 

 

体外受精へ進むと決めた時、自分なりにかかる費用や通院の頻度などについて調べてみました。

顕微受精となることが決まっている以上、費用は最大限かかってしまうことが予想されるし、一度で上手く行く可能性の方が少ないと考えると、お金の面を考えると働きながら治療を進めるというのが一番理想的ではあります。

また、仕事をしながらの方が、生活が不妊治療一色にならずに、気持ちが紛れて良かったという人の意見もありました。

ただ、私が受け持っている仕事をしながら、かつ頻繁に休みをとりつつ治療をする、というのがあまりにも現実的ではなく、自分の中で全く想像が出来ませんでした。

 

体外受精を考え始めた頃は特に仕事が忙しく、ドタバタな日々を送っていました。

帰宅時間は22時を超えることがほとんどで、それから夕飯。寝る時間は深夜2時、朝ごはんは食べず、お昼もコンビニや外食で済ませる事が多く、お昼の時間もバラバラ。

こんな偏った栄養や生活では、不妊治療をしてもうまくいかないだろうと考えました。

 

👩🏻‍🦰 せっかく高いお金を払って不妊治療をするんだから、ちょっとでも早くから始めたいし、体調管理や栄養面もしっかり見直して、ひとまず不妊治療に専念したい。

クリニックの先生も、女性が若いというのはやっぱり妊娠には一番いいから、一日でも早く始めた方がいいよって言っていたし。

だから、今の仕事は辞めたいと思ってる。

 

夫も同じ意見だったようで、お金の面では任せてと言ってくれました。

そんなに高収入なわけではありませんが、これまで共働きで貯めてきた貯金を使いつつ、一旦は不妊治療に専念しようという事にしました。

また必要になれば、私もパートなり何なり出来るし。

 

辞めると決意し、退職に伴う書類などの準備をする前に、直属の上司に話をしました。

女性の上司だったこともあり、事情も含めて、退職の意思がある事、具体的にこの時期には辞めたいという話をさせてもらいました。

家庭の事情だし、デリケートな話題なこともあって、スムーズに話が進むかと思いきや、まさかの提案が。

 

👩‍💻(上司) ●●さん(私)の家族のこれからの事だから、応援します。人手のこととかは何とかなるから心配しないでね。

👩‍💻 ちょっと思ったんだけど、退職しないとダメなのかなぁ?今までの実績やキャリアもあるし。会社の制度として、休職って言う形を取ることもできると思うよ。期間とか、もろもろどうなるかは、総務に聞かないとわからないけど。。

 

今の仕事をそのまま続けるか、退職か、、

その二択しか無かった私には、休職というまさかの提案でした。(笑)

 

👩🏻‍🦰 不妊治療に専念したいというのが目的で、治療が上手く行くって事は妊娠するという事なので、休職して復帰したとしてもまた元のように働けないと思います。また、不妊治療もいつまでかかるか、どれだけ期間がかかるか、うまくいくかどうかすら全く読めないので、そう言った面で会社には迷惑かけてしまうと思うんですが。。

 

👩‍💻 その時はその時にまた相談して下さい!正直、辞めるのはいつでも出来るけど、辞めちゃうとまた働きたくなった時に正社員での復帰は難しいから。そこは会社に甘えてもいいんじゃないかな?もし、すぐ退職しなくてもいいのなら、休職について私からも、話をしておくよ!

 

ざっくりまとめると、、

🌼休職については、自己都合となるため無給となること(当然ですね)

🌼自己都合ですが、第三者の証明が必要とのことで、クリニックから診断書をもらい提出が必要なこと

🌼もし治療が上手くいって妊娠し、その後産休育休を取るためには、妊娠中に復帰が必要なこと

🌼健康保険料や税金は会社が立て替えるので、指定口座に毎月振り込むこと

🌼ひとまず休職期間を半年間とし、早く切り上げることも出来るし、延長が必要な場合は相談すること

 

休職の条件?としては、こんな感じでした。

会社側が事情を分かってくれて、また多少なりとも私を必要としてくれた事が嬉しかったです。(不妊治療が原因で、退職せざるをえない状況になった方の話もネットでお見かけしたので。。)

上司が機転を利かせてくれたおかげで、とりあえず戻れる場所を確保しつつ、不妊治療に専念する環境を作る事ができました。

 

なので現在は、休職という形をとらせてもらってます。

採卵周期の前からお休みを頂いてます。

結果的に、仕事から離れるで、今まで働きづめだった自分の生活や夫婦の食生活を見直す良いきっかけになりました。

また、仕事のストレスがないだけでこんなにも心が穏やかなのか。。と、感動したり(笑)

 

仕事をしながら、不妊治療を頑張ってる方、、

本当に尊敬します🥺。

 

融通が利き、個人の状況を配慮して下さる会社には感謝です。

 

私の境遇が当てはまる人の方が少ないと思います。

これから体外受精を始める、フルタイムで働いてる人へ、もし、上司などに相談出来る環境があれば、辞めるだけが選択肢ではないということを伝えたいです。

 

またまた、長くなってしまいました(笑)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます😊

 

ミカ🍑